<速報>第37回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会 第3日目終了
2015年 3月 29日(日曜日) 19:54

3月27日(金)~30日(月)東京・辰巳国際水泳場にて第37回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会が開幕しました。

奈良県から出場されたジュニア選手の皆さん、熱いレースを期待します!! 

 

3月27日(金) 決勝競技結果

女子11-12歳 200m自由形   種村 舞雪 (ニッシンSS) 2分07秒93 7位入賞

男子11-12歳 100m背泳ぎ   塩田 羽登 (桜泳会SS)   1分00秒39 3位入賞  

女子11-12歳   50m自由形   難波 実夢 (ニッシンSS)    26秒85 4位入賞

 

3月28日(土) 決勝競技結果

女子11-12歳 100m自由形  難波 実夢 (ニッシンSS)    58秒22 3位入賞

男子11-12歳   50m背泳ぎ  塩田 羽登 (桜泳会SS)      28秒96 8位入賞

 

男子CS 1500m自由形予選 種村 颯太 (ニッシンSS) 15分15秒68 予選5位 奈良県短水路新記録樹立!!!

                          ※800m正式時間 8分09秒91 奈良県短水路新記録樹立!!!

3月29日(日) 決勝競技結果

男子CS 1500m自由形      種村 颯太 (ニッシンSS) 15分17秒16 5位入賞

                          ※800m正式時間 8分06秒37 奈良県短水路新記録樹立!!!

女子13-14歳 200mバタフライ 五島 実咲 (イトマン真美ヶ丘) 2分09秒73 3位入賞 奈良県短水路新記録樹立!!!

男子15-16歳  50m背泳ぎ    安井 健斗 (桜泳会SS)      25秒98 5位入賞

女子13-14歳  50mバタフライ 五島 実咲 (イトマン真美ヶ丘)    27秒65 4位入賞

 

女子13-14歳 200mバタフライ予選 五島 実咲 (イトマン真美ヶ丘) 2分11秒51 奈良県短水路新記録樹立!!!

女子13-14歳  50mバタフライ予選 五島 実咲 (イトマン真美ヶ丘)    27秒77 世界短水路ジュニア新記録樹立!!!
 

入賞された選手のみなさん、新記録を樹立された選手のみなさん、おめでとうございます!!

 
<速報>シンガポールエージ選手権
2015年 3月 23日(月曜日) 20:10

3月17日(火)~22日(日)シンガポール・OCBCにおいてシンガポールエージ選手権が行われ、

安井健斗選手(桜泳会SS)が日本代表で出場しました。結果は下記の通りです。

 

 安井 健斗(JAPAN)

◆競技結果

  50m背泳ぎ    27秒36 県中学新記録樹立!!!

100m背泳ぎ    58秒42 

200m背泳ぎ  2分05秒96 県中学新記録樹立!!!

200m個人メ  2分11秒28


※全種目自己ベスト




県中学新記録樹立おめでとうございます。

 
<更新>奈良県記録
2015年 3月 19日(木曜日) 06:09

奈良県記録(2015.03.16現在)をUPしました 【奈良県記録】

 
◆競泳強化選手指定制度
2015年 2月 14日(土曜日) 11:53

2015年度 奈良県競泳強化指定制度規定・U-12育成強化選手標準記録・強化選手標準記録をUPしました 【競技力向上委員会】

 
<更新>2014年度奈良県水泳連盟強化指定選手・育成強化選手一覧
2015年 2月 14日(土曜日) 11:45

2014年度 強化指定選手・育成強化選手一覧表(H27.02.12現在)をUPしました 【強化指定選手一覧】

 
<<重要確認>>競技委員会からFINAマークについて連絡
2013年 6月 24日(月曜日) 16:03
登録団体担当者各位
 
日本水泳連盟より下記の連絡がありましたので送らせて頂きますので、ご確認下さい。
 
 
(株)ミズノ アパレル生産部より、現在発生している同社の水着のFINAマーク表面のはがれについて別添ファイルのとおり通知がありました。
選手が着用している同社製水着の一部において、FINAマーク表面のはがれが見られるそうです。
この問題に対し、日本水泳連盟ではミズノ側からの通知を元に以下のような対応をとることといたしました。
 
(1) 招集所でFINAマークチェックをする際には、別紙一覧を必ず用意する。
(2) 該当水着のFINAマーク(承認番号)が全面の剥がれ等で確認できない場合は、製品の洗濯サイズネームに記載されている
        製品番号から承認済製品であることを確認する。
(3) その際に実際に水着の洗濯ネームを直接確認しなくても、製品品番を書き写したメモを選手に持参させ、確認が取れれば、
        可とする。(特に女子選手には配慮すること)
(4)  この旨は、大会の際に監督者会議や打ち合わせで監督および選手に周知徹底すること。
 
各加盟団体におきましても、主催大会等において選手が不利にならないように同様の対応をお願いいたします。
 
公益財団法人 日本水泳連盟 競技運営委員会
 
奈良県といたしましても日本水泳連盟にあわせ、上記の対応をさせて頂きますので、よろしくお願いします。 
 
  
 
◆日本水泳連盟より競技者の皆さんへ
2012年 4月 13日(金曜日) 22:36

2012年度 日本水泳連盟より競技者の皆さんへ

        大切なことですから・競技者資格規定・ロゴマーク等についての取り扱い規定・ドーピング規定についてをUPしました 【競技委員会】

 
奈良県水泳連盟, Powered by Joomla! and designed by SiteGround web hosting